流行を追い求めるのではなく、日々の暮らしの中で出会い感じるものや出来事、
ー 毎日見る京都の風景、19世紀のヨーロッパの建築物、誕生日にもらった花束など ー
どの時代、どの場所にもある美しさの一片をアクセサリーで表現しています。